美味しいお米の炊き方

How to cook delicious rice

毎日お米に接しているからこそ伝えられることがある。
美味しいお米の炊き方を伝授いたします。

洗米作業

きちんと量る

01

専用の計量カップ(1合=180ml)ですり切りにして正確に量ります。カップよりも少なめだったり多めだと水加減に誤差が生じますので、すり切りは必ず意識しましょう。
※市販の計量カップを使う場合、容量(200mlなど)をよく確認してください。

米研ぎ用のザルに移す

02

正確に軽量したお米を米研ぎ用のザルに移します。

ボウルに水を張る

03

ザルが入る大きさのボウルを用意し、水を張ります。

水をくぐらせる

04

ザルに移した米をボウルの水に一気にくぐらせ、軽く1、2回かき混ぜたら、すぐにザルを上げます。米は吸水が早く、ぬかの匂いをどんどん吸ってしまうので、最初のすすぎは手早く行うことが重要です。

やさしく洗米する

05

はじめのすすぎが終わったら、ボウルに新しい水を張り、やさしくかき混ぜて洗います。これを2~3回繰り返します。
お米が割れるとべたつきの原因になるので、力を入れたり乱暴にかき混ぜないのがコツです。

水を切る

06

ザルから水がたれなくなるまで水を切ります。3合ほどの米の場合は1~2分程度で水切り完了です。

加水・炊飯作業

米を内釜に移し水を加える

07

洗米が終わったら、ザルから内釜に米を移し、水を加えます。
水の量は洗った米に米の容積の1.2倍量の水がベストですが、炊飯器についた目盛りがある場合はそちらに従ってOK。
※新米はいつもよりも少なめの水にしてください。
※やわらかめ、かためなど、好みに合わせて微調整してください。

じっくり浸す

08

芯までふっくら炊くために、米の中心まで十分に水を浸透させることが重要です。ゆっくりとかき回し米と水を良くなじませ、平らにならします。
吸水時間は 通常 30 分程度、冬場は水温が低いので 60 分程度浸すのが理想的です。
炊飯器のスイッチを入れ、炊飯します。

炊き上がり

やさしくほぐす

09

蒸らし後すぐに、ごはんをほぐします。 粒をつぶさないようしゃもじを切るように入れ、釜の底から掘りおこすようにふんわり優しく混ぜほぐします。ほぐすことで、ごはんの水分のバラツキがなくなり、余分な水蒸気が抜けてふっくらおいしいごはんになります。

おいしいご飯をお召し上がりください♪